切らないホクロ最新レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

ホクロ専門のレーザー治療法

ホクロ(や小さなアザ)は、以前は外科的な切開切除法やくりぬき法、電気メスによる治療が一般的に行われていました。こうした治療法に比べて、現在では、
・治療中の出血がない
・治療後の腫れや傷みも小さい
・切除跡が早く、しかもきれいに治る
というメリットのあるレーザー治療が行われています。

現在のレーザー機器は、0.1ミリ単位のスキャンサイズの操作ができますので、お肌に優しい治療をすることが可能になりました。
鼻の下のホクロ
鼻の下のほくろ

※肌質・症状によって効果に個人差があります

レーザーのしくみ

ホクロの表面はメラニン色素が蓄積され、黒くなっていますが、深層の母斑細胞は無色であることが多いため、表層の黒い部分だけをレーザー光で蒸散させて取り除きます。

3〜6ヵ月後には無色だった母斑細胞が押し上げられ、メラニンを生産して黒くなろうとしますが、何度か繰り返しレーザーを照射していると、母斑細胞も消失し、ホクロはなくなります。

照射後のアフターケア

照射後のアフターケアレーザー照射後、5日くらいは抗生物質を含んだ軟膏を塗って、照射後の皮フを守るためにガーゼをあてておいた方がよいでしょう。その後は日焼け止めクリームを塗って、紫外線を遮るようにします。日焼け止めは6ヶ月くらいは続けた方がよいようです。普通は3ヶ月間隔で照射していきますから、治療中はずっと日焼けを避けなければなりません。

日焼けを避けていても、日焼けに似た色素沈着を生じてしまうことがありますが、この場合はハイドロキノンクリームなどのホワイトニングクリームを併用すると回復が早くなります。次のレーザー照射は、この色素沈着が落ち着いてからになります。
クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ メンズ精美 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる